ブーケの女王!白バラキャスケード!!どんなドレスを合わせる?

細身のロングキャスケードには

正統派のキャスケードブーケはプロの技がもっとも光るブーケで、特に白バラのキャスケードはブーケの女王とも言われます。厳かな挙式にはもっと相応しいブーケで、ハンドメイドのスパンコール付リバーレースをシャンパンカラーのドレスに重ねた華麗なマーメイドラインのドレスにはカジュアルすぎないグリーン使いの細身のロングキャスケードが似合うでしょう。ふくいくと香るバラが野性味を帯びて咲くイングリッシュガーデンのイメージで、多種類のグリーンを使ってナチュラルに演出するといいですよ。

上品でやわらかさのあるキャスケードには

丸みのあるフィオナと白バラをメインに一重のジルでやわらかな雰囲気を添え、ふわふわとしたアストランチアを脇役にすることでよりソフトで上品なキャスケードが出来上がります。このブーケはドレスの気品を高めてくれる効果があるので、ミカドシルクを用いた上質なAラインドレスとよくマッチするでしょう。アンダーバストのプリーツとフラワーコサージュがさりげなく施されたシンプルドレスなら、気品が漂う仕上がりになりますよ。

見栄えのするボリュームキャスケードには

3輪のローズメリアを含む白バラを集めたガーランドを合わせ、繊細なつるもののグリーンを流して揺れ動くスタイルのキャスケードはボリューム感がありバラの周囲に秋っぽい実ものを入れて表情の違いをくっきりと出すといいでしょう。パニエでスカートラインをふくらませたプリンセスラインのドレスやボリューム感のあるAラインドレス等に合いますよ。スカートのふくらみがあるのでフォーカスポイントにガーランドを合わせるといいでしょう。また、スカート部分にあたらないように、アールを描くようにすると邪魔になりませんよ。身長差のあるカップルにもおすすめのデザインです。

福岡の結婚式場にはアクセス抜群で非日常を楽しみながらガーデンウェディングを行うことができる人気の結婚式場があります。

You may also like...